化粧水でニキビケア│あなたの洗顔方法、間違っていませんか?

ニキビ跡 消す 化粧水 → ニキビ跡を消す化粧水│正しい洗顔方法について

ニキビ跡を消す化粧水│正しい洗顔方法について

ニキビの予防、改善には肌を清潔にしておくことが大切です。ニキビケアの基本は洗顔ということで、気を使っている人も多いでしょう。一方で間違った洗顔方法はニキビが治りにくいばかりでなく、ニキビを増やしたり、悪化させてしまう危険性もあります。自分の洗顔方法が間違っていないか、今一度見直してみましょう。

最初に、やはりニキビケアには肌の清潔が大切なのは言うまでもありません。それなのについ、クレンジングをせずに寝てしまったなんてことはありませんか。これではニキビが治らないどころか悪化させてしまいます。 疲れていても、クレンジングと洗顔だけは必ずするようにしましょう。

だからと言って、拭き取りタイプのクレンジングをしてはいけません。拭き取るという行為は肌の負担となり、傷つけてしまう可能性があります。同じくオイルクレンジング剤もニキビ肌には刺激が強すぎるので、クリームタイプのクレンジング剤でやさしくクレンジングするようにしましょう。

ちなみに、汚れを落としたクレンジング剤でそのままマッサージしてはいけません。せっかく落とした皮脂やメイク、汚れを塗り広げ、ニキビを刺激する恐ろしい行為です。絶対にやめましょう。

クレンジングにせよ、洗顔にせよ、熱いお湯で洗っていませんか? 熱いお湯は必要な皮脂までも洗い流してしまい、ニキビの原因となります。顔を洗うときはぬるま湯、32℃くらいまでを目安にしましょう。

その際、すすぎを丁寧に行うことは大切ですが、あまり必要以上に流すとこれもまた皮脂を落としすぎてしまいますので、泡切れのよい洗顔料を使って短時間できっちりと洗い流せるようにしてください。

お風呂で行う洗顔のタイミングとしては、シャンプーやリンスが終わったあとが最適です。シャンプーやリンスの成分が顔に付着したままだと、ニキビによくありません。シャンプーやリンスを十分にすすいだ上で洗顔を行うことで、より顔にそれらの成分を残しにくくするでしょう。

無理なダイエットはニキビの原因

ダイエットは現代女性の永遠のテーマともいえそうなくらい、身近なものです。多くの人が一度はダイエットに挑戦したことがあるのではないでしょうか。ダイエットに成功して、あこがれの洋服を着たい、好きな人に振り向かれたい、自分に自信をもちたい、色々な願いがあるでしょう。

しかし、無理なダイエットは禁物です。体の負担となってリバウンドを起こしてしまうだけでなく、心身に不調をもたらす可能性があります。それだけではありません。ニキビの原因となることがあるのです。

せっかくダイエットに成功して理想のスタイルに近づいたとしても、顔がニキビだらけ、くすんでいるようでは元も子もありません。また、今ニキビに悩んでいる人は無理なダイエットに原因がないか考えてみましょう。

ダイエットをするときに、多くの人が取り入れるのが食事制限でしょう。バランス良く栄養摂取ができるようなメニューで、総摂取量、カロリーを落とすような食事制限であれば、それほど大きな問題にはならないでしょう。

それが○○ダイエットなどのように、食べるものをひとつに減らしたり、極端に制限するような方法では、やはり栄養面が偏ります。ニキビをはじめとした肌トラブルには特に、ビタミンB類の摂取が欠かせません。

ダイエットで食事を制限するにしてもバランスには注意し、野菜や果物の摂取は意識してするようにしましょう。食事制限に頼りすぎるのではなく、運動も取り入れてリフレッシュしながらするもの効果的です。リフレッシュは日々のストレス発散になり、ニキビ予防にもつながるので、一石二鳥ですよ。

ダイエットをしなければならないと自分にプレッシャーをかけすぎることも、肌にはよくありません。ストレスはニキビの原因にもなってしまうからです。

何もかもを完璧にするなんて難しいですし、人間の欲は永遠に続くものです。ダイエットの成功はもちろん努力は不可欠ですが、必要以上に自分自身を追い込まないようにしましょう。